ナットコール
ナット・キング・コール「ラテンを歌う」、このアルバム、実は、私の父親の遺品なんです。父はコールが大好きでした。多分、50年以上も前のアルバムですね(凄いでしょう)。

東芝音楽工業盤で解説を大橋巨泉!さんが書いています。

私がジャズ好きになったのも、父の影響が強かったのだと思います。案外知られていませんが、コールはジャズピアニストとしても超一流でした。「スターダスト」は美空ひばりさんが繰り返しコールの歌をニュアンスまで真似たそうです。不世出の大歌手ですね!

ためしに聞いてみたところ、まだまだいい音で鳴りましたよ~!! そして「カチート」「キサスキサス」などはすべて、スペイン語で歌っているんです。

聞いてみたくなるでしょ、絶対聞いてみたくなるはず。なんて、呪文のようだけれど、聞いてみたい方はリクエストにお応えます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください