月別アーカイブ: 2018年6月

6月22日(金): 亜樹山 ロミ(ヴォーカル)& 須古 典明 (ギター) ライブレポート

6月22日(金)は 亜樹山ロミさんのヴォーカル & 須古典明さんのギターでライブが行われました。

ジャズボーカルの大御所、ロミさんが久しぶりのライブ!スイング感といい、英語の発音といい、若手のシンガーとは一味違う演奏でしたね!

毎度のマイクなしのロミさん、喉を潤すのは、水はダメ、白ワインで潤すのが、ロミ流ですとの事 (カッコいい!ロミ先輩 By ママ)。

須古さんもロミさんとの演奏は楽しそう! 

次回:ちょっと先ですが10月12日(金)です。お楽しみに!

6月21日(木): 門馬 瑠依 (ヴォーカル)& 須古 典明 (ギター) ライブレポート

6月21日(木)は 門馬瑠依さんのヴォーカル & 須古典明さんのギターでライブが行われました。

今回は、前半を「ジブリ特集!」 後半を「ジャズスタンダード」でお届けしました。

ジブリは、普段歌い慣れていないせいか、苦労されたようですが、そこはプロ!流石です 「魔女の宅急便」など素晴らしい出来でした。

瑠依ちゃんの声はとても透き通っていて、合わせる須古さんも楽しそうでしたね!

次回 :9月21日(金)で決定ですよ! この次はミッシェル・ルグランの特集をやってくれるかも…。

PS 今回、瑠依ちゃんの歌に聞き惚れてしまい、ごめんなさい、肝心のライブ用写真、撮るのを忘れてしまい、前回のを使用しています。

6月20日(水): 井上 智 ソロギター ライブレポート

6月20日(水)は井上智さんのソロギターでライブが行われました。

この日はあいにくの雨でしたが、遠く、香港やバンコクからのお客様を交えてソロギターが演奏されました。

智さんのギター、いつ聞いても素晴らしい! ユーモアがあるし、アドリブも、予想外の展開になること、しばしば!
それも、智さんの温かい人柄が、生み出しているんですね! 

お店の中では英語が飛び交い、こう言う時は、もっと英語を勉強しとけば…、と思いますね。

6月29日(金)ライブ予定 : 柳武 史雄 (ギター)& 佐々木 慧 (ギター)

6月29日(金)  7弦ギターデュオ
柳武史雄さん & 佐々木慧さんのダブルギターでライブが行われます。

このお二人は、ジャズギター界でも珍しく7弦ギターを使用しています。

7弦ギター同士のデュオ、どういう風になるかは、来てからのお楽しみです!

チャージ2700円。(税込み)(2ステージお一人様2オーダー。)

6月28日(木)ライブ予定 :はま のぞみ (ヴォーカル)& 山口 友生 (ギター)

6月28日(木)は はまのぞみさんのヴォーカル & 山口友生さんのギターでライブが行われます。

のぞみさんの情感あふれるボーカルと、名手、友生さんのアコギでお届けします(ウクレレもお忘れなく!)。

チャージ2700円。(税込み)(2ステージお一人様2オーダー。)

7月のライブ情報

7月のライブ情報

7月4日(水) スーパーギターデュオ!
井上 智  (ギター)
菅野 義孝 (ギター)
チャージ2700円。(税込み)

7月5日(木)
西川珠香子 (ヴォーカル)
須古 典明 (ギター)
チャージ2700円。(税込み)

7月6日(金)
富岡 苗子 (ヴォーカル)
杉山 泰史 (ギター)
チャージ2700円。(税込み)

7月11日(水)
中根 賢隆 (ギター)
直居 隆雄 (ギター)
チャージ2700円。(税込み)

7月12日(木)
ちゅうま けいこ (ヴォーカル)
須古 典明 (ギター)
チャージ2700円。(税込み)

7月13日(金) GYPSY JAPAN 
菅原 智明 (ギター) 
青鹿 賢一 (ギター)
田中 直也 (ギター)
チャージ2200円。(税込み)

7月14日(土)
セッション
セッションリーダー 須古 典明(ギター) 
チャージ1500円。(税込み)

7月18日(水)岩手めんこいライブ
菅野 義孝  (ギター)
荒川 麻衣子(ヴォーカル)
チャージ2700円。(税込み)

7月20日(金)
釘宮 正豪 (ギター)
笠井 章子 (ヴォーカル)
越野 振人 (ベース)
チャージ2700円。(税込み)

7月26日(木)
犬塚 彩子 (ヴォーカル・ギター)
前原 孝紀 (ギター)
チャージ2200円。(税込み)

7月28日(土)
澤岡 直樹  (ギター)
深堀 久美子 (ヴォーカル)
チャージ2200円。(税込み)

7月31日(火)
はま のぞみ (ヴォーカル)
成川 修士 (ギター)
チャージ2700円。(税込み)

6月27日(水)ライブ予定 : 長島 百合子(ヴォーカル)& 鈴木 洋一 (ギター)

6月27日(水)は長島百合子さんのヴォーカル & 鈴木洋一さんのギターでライブが行われます。

ゆりっぺさんと、洋一君の2回目のライブ。

ゆりっぺさんは、その確かな歌唱力で聞かせますよ。
また洋一君は、若手で、期待度大のギタリストですね。ウェスに強く影響されたギターは素晴らしいですよ~!

チャージ2700円。(税込み)(2ステージお一人様2オーダー。)

A DAY IN THE LIFE

「A DAY IN THE LIFE」はWES MONTGOMERY後期の、大名盤です。ウェスはちょうど50年前の6月15日に亡くなりました。

これ以前に、レコード会社をCTIに移った第一作で、プロデューサーの、クリード・テイラー氏は「ウェスは、偉大なる才能の持ち主だ! しかし、ジャムセッションみたいな演奏では、多くの人にこの偉大な才能が伝わらない。 それには、ラジオ、マスコミに撮りあげてもらわないと…」と述べたそうです。

今でいう、マーケティング戦略がずばり当たり、このアルバムは、全ジャンルのヒットチャート13位にまで、昇りつめたそうです。 

しかし、心ないファンや、評論家からは、「ウェスは商業主義に魂を売った!」とまで言われ、ウェスはとても悲しみ、
「ジャズの世界では、未だにビートルズのような大金持ちになった者はいない」と発言していたそうです。

ところで、このアルバム、”ハンコック” 、”ロン・カーター” 等、凄いバックにストリングスを排して、どの曲も短いながら、歌いまくっています!

没後50年!世紀のアルバムと呼んでいいでしょうね。

6月15日(金): 新モンゴメリーバンド ライブレポート

6月15日(金)は ”新モンゴメリーバンド” 澤岡直樹さん & jAZZ高木さんのダブルギター &小泉哲哉さんのフルート・サックス & 佐藤穣さんのヴォーカルでライブが行われました。

メンバーは変われど、なんと8回目のライブでした!

今回は、インストで小泉さんのフルートをフィチャーしたボサノヴァに、澤岡さん、高木さんのソロがさえ渡った、ウェスの「ロードソング」ちなみに、この日は余談ですが、ウェス・モンゴメリーの命日です。ちょうど50年前のこの日に亡くなりました。

そしてこの日は、新メンバーの佐藤穣さんのお披露目でした! 練習の成果をいかんなく発揮され、お客様のアンコールもいただきましたね。 ありがとうございました。

このように音楽を愛する方々との会話は、本当に楽しかったです!

6月14日(木): 菅野 義孝 ソロギター ライブレポート

6月14日(木)は 菅野義孝さんのソロギターでライブが行われました。

東京でソロギターは初めてとのこと。菅野君の175は、弾き方が良いんでょうね!こんなに良い音のジャズギタリストはいないと思いますね。

そして18番の「いそしぎ」や「ミスティ」他に、素晴らしいボーカルも披露してくれました。

次回は、7月4日(水)、あの井上智さんとの、スーパージャズギターデュオです。
東京でなければ、聞けない組み合わせですよ! 日本全国から、お待ちしております。