CD : ソニー・クラーク

ソニー・クラークはブルーノートのアルフレッド・ライオンが「何故か、日本で人気のあるピアニスト」と驚いてたらしい。

ある程度年配のジャズファンなら、このアルバムは懐かしく感じられるだろう。なんといっても、バックビートというか、足を引きずるような、後のリの感覚がたまりません。

接点が無いように感じられる、ビル・エヴァンスも「NYC’s NO LARK」という曲をクラーク没後に吹き込んでいて、ソニー・クラークのアナグラムになっています!

ひどい麻薬中毒で、わずか31歳で亡くなった、クラークのピアノは永遠の輝きで今も、聞かれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください