LP : WES MONTGOMERY & WYNTON KELLY TRIO
    SMOKIN’ AT THE HALF NOTE 

これは、私が約50年前頃に、購入したオリジナル盤です。

「NO BLUES」があまりにも凄い! バックのウイントン・ケリー トリオも流石、マイルスのリズム隊。

この演奏は、最初聞いた時には、良く分からなかったものの、「とんでもない演奏だ」、と言うことだけは分かりました。

ウェスがコードソロを始めると、ケリーがピアノを弾くのを辞めます。

ライナーノーツには、「wynton stops playing because he was so carried away with wes solo that he turned around just to watch wes.you would have to see wes play in person to understand why wynton was so carried away by wes solo」という伝説を生みました。

これだけ凄いプレイを、是非、生で聞きたかったな~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください