CD : IT’S NICE TO BE WITH YOU ー JIM HALL IN BERLIN
   「ジム・ホール イン ベルリン」

ホールの12年ぶりのリーダーアルバムです。思えば、ホールは60年代に、ポール・デスモンド、ソニー・ロリンズ、ビル・エヴァンス等との演奏で大活躍しました。

そして、リリカルで、イマジネーション溢れる演奏で魅了させてくれましたね~。

またこのアルバムは、満を持してのリーダーアルバム!「インナセンチメンタルムード」には泣かされます。

ウェスとは、対照的な方ですが、お互いに認め合い、仲が良かったそうです。

二人ともクリスチャンが出発点ですが、ここまで違うのが、面白いですねー!

静かで、控えめ、ジャズギターの歴史には外せない名盤です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください