CD  : WES MONTGOMERY
このところ、RESONANCEレコードより、ウェス・モンゴメリーの未発表録音が、相次いで発表されています。

ご承知のように、この不世出のギタリストが脚光を浴びたのは、37歳の時で、若いころの演奏は謎に包まれていました。

60年発売の「インクレティブルジャズギター」で、ジャズギタリストの頂点に、上り詰めたウェスですが、世代的には、バーニー・ケッセル、タル・ファーロー、ハーブ・エリス等と同世代で、ケニー・バレル、ジム・ホールとは、7~8歳ウエスの方が年上で、グラント・グリーンに至っては、12歳もウェスが年上です。

そう考えると、チャーリー・クリスチャンや、パーカーの直接的な影響は強いと思われます。ここでも、メジャーデビュー以前の演奏ですが、すでに完成されていたのが分かります!

でも、初めてウェスを聴こうと言う方には、ちょっと録音面などから、お薦めできないかなぁー? しかしマニアには、嬉しい未発表盤です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください