5月23日(木)は萩谷清さん & 直居隆雄さんのダブルギターで行われました。

多分、お2人の出演は7~8年ぶりだと思いますが、「えるぶら」とは、ギブソンL-5をお2人が使ってたので、L-5ブラザースの略として使われていました。

しかし今回、直居さんはL-5でしたが、萩谷さんは、ギブソンの最高機種「サイテーション」を持って来られました!

音楽性は、ブラジル物あり、スタンダードあり、ウェスチューンありで、バリエーションに富んでおり、お二人の息のあった、名手ぶりが楽しめましたね。

そして直居さんは、6月末から録音のため、ニューヨークに行かれて、あの、ケニー・バロンと録音されるそうです。この新譜も楽しみですねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください