乃が美の「生」食パン

お客様より頂戴した、「生」食パン、初めて食べてみました。

まず最初、食パンを持った感触がずっしりと重く「食パン」ってこんなに重たかったかな?と思いました。

生地はとても柔らかいのに、パン切りナイフで切った時、スッとナイフに馴染み、綺麗な切り口で、切り易かったですね。

では、これから食レポ開始!
生食と言う意味が口に入れた時に分かりました。やわらかいと言う表現よりも、しっとりした中に、弾力があり、とても表現をするのが難しいですが、ほんと出来たてのホヤホヤと言った感じです。

パンの上にバターを乗せて、トースターで、バターの溶け具合を見ながら、お皿の上に。

バターが馴染んだ頃、ちぎって一口食べてみると、甘みが、口の中いっぱいに広がり、「あ~甘いんだ」と口ずさんでしまうほど、上品!

そしていわゆる耳の部分と言われる所も、全然違和感なく、なかの白い生地とマッチした硬さとしっとり感で、余すところなく、綺麗に完食となりました。

一言で言い表わせない、高級食パン。ご馳走さまでした。とても美味しかったです。Byママ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください