LP : KENNY BURRELL
ブルーノートと言えば、最もジャズを感じさせてくれるレーベルです。

アルフレッド・ライオンがプロデュース、フランシス・ウルフが写真、ヴァンゲルダーが録音、リード・マイルスがデザインと、チームでコンセプトを貫いたのが、今でもジャズファンに愛される所以です。

中でも、この2枚はなんと、鬼才、アンディ・ウォホールのイラストです。

後に彼は、キャンベル缶や、マリリン・モンローで、アメリカの最重要アーティストになりました。

そしてケニー・バレルのファンだったとか…。その後、ウォホールはロックミュージシャンを描くことはあっても、ジャズミュージシャンは描いてませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください