2月6日(水)は 井上智さんのギター& 西川直人さんのオルガン & 小前賢吾さんのドラムでライブが行われました。

久しぶりの、智さんと、西川君、小前さんのオルガントリオ! 中でも、「ロードソング」「フライドパイズ」など、多くのウェスチューンを演奏してくれました。

オルガンとギターは相性抜群ですね!緊張感漂う、ブルース、「フライドパイズ」はウェスが「ボスギター」で演奏していた名曲です。

後で、智さんに伺ったら、「ジャズギターに入るきっかけの曲」とのことでした。それまで、智さんは、スティ-ブ・ハウ(イエスのギタリスト)など、プログレロックを多く聞いていたそうです。今や、ジャズギターの巨匠に…。

そして西川君、小前君もスイング感、半端なかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください