タグ別アーカイブ: CD

オーディオ機器一覧

スピーカー

スピーカー

当店にて使用しているJBL4344mk2です。4344を大幅に改造したモデルで、ウーファーはME150hs、ミッドバス2123h、ミッドハイ275ND、ホーンツィツター2405Hの4ウェイです。JBLとしては、ワイドレンジを狙ったもので、設計が古いといわれながら、これでなければ!という方もたくさんいらっしゃいます。SPの上に見えるのはスーパーツイッターJBL405です。

アナログプレーヤー

アナログプレーヤー

こちらがROKSANラディウスⅢです。アームはSMEの傑作3009IMPが付いてます。普通はロクサンのアームが付いているので、珍しいと思います。ロクサンはザクシーズという高級機が有名です。イギリスはリンをはじめとして、アナログプレイヤーをたくさん今でも製造しています。国産はデノン以外は撤退してしまいました。こんなところにも文化の差を感じます。写真のカートリッジはSYUREのV15タイプVxMRです。これも製造中止になってしまいました。

パワーアンプ

アンプ

そしてパワーアンプはマッキントッシュMC402です。400W+400Wの出力で、現行品ですが次は450Wの新製品に変わります。マッキンのパワーアンプの特徴は、トランジスターでも出力トランスを積んでいるところです。トラブルはほぼ皆無!音も、力感みなぎり多少、濃厚なところでしょう。JBLにマッキンとは定番と言えると思います。

プリアンプ

プリアンプ

 

そして最後にマッキントッシュのC42プリアンプです。それまではC40を使っていました。音はマッキン特有の中域の厚い音です。8バンドイコライザーが付いていますので微調整が可能です。C40に比べ、明らかにSNが良く成りました。

The ARRIVAL of VICTOR FELDMAN

探していたCDをゲット!キャノンボールの「ポールウイナーズ」でウエスと共演していた、白人ピアニスト兼ビブラフォン奏者。イギリスからアメリカの西海岸に移住して大活躍した人です。

ビブラフォン奏者としては、ミルト・ジャクソンのようで、ピアノもファンキー!そこは、白人のため、オーバーファンクにならず格好良い人ですが、大ファンと言う方は聞いたことがありません。

かの、マイルスとも録音しているほど実力は折り紙つき。ピアノ兼任としては、ウエスの弟、バディに似ています。ウエスの「ムービンアロング」は弟の代わりに入ったのでは?と思います。スコット・ラファロのベースが素晴らしい。録音も秀逸です。