月別アーカイブ: 2014年8月

ONE ON ONE / BOB JAMES ・ EARL KLUGH

アールクルー

これはヒュージョンブーム全盛の79年に発売されたアルバムです。アコーステックギターを奏でるアール・クルーが新鮮でしたね。

特にクルーのロマンチックな一面が、ボブ・ジェームスの絶妙なアレンジに乗ってスイングするご機嫌なアルバム! そのボブ・ジェームスは未だに「フォープレイ」などで活躍中です。

来たるべきCD時代を見据えて、アナログレコード録音が最盛期に達した好き時代です。
朝からジャズを聴くにはちょっと、という時に最適のアルバムです! 

9月5日(金)ライブ予定 : 服部 こうじ(ギター) & 岩崎 泰三 (トロンボーン)

服部こうじ 001

9月5日(金)は 服部こうじさんのギター&岩崎泰三さんのトロンボーンで、ライブが行われます。

19時半から2ステージ。
チャージ2200円。

服部さんは、生まれつき目が不自由ですが、そんなハンディを感じさせぬほど、前向きでギターも素晴らしい方なんですよ!
先月は、何とお一人で広島まで演奏に行かれたそうです。

そして岩崎さんはトロンボーン、コルネットを吹かれます。このコンビで時々演奏をしているそうで、相性バッチリですね。

是非この機会に、聞きにいらして、エネルギーを充電していってください!

8月のセッション : 8月30日(土)

8月のセッション

8月30日(土)午後7時スタートです!   
セッションリーダー 佐々木 慧(G)

ヴォーカリスト&楽器の参加を お待ちしています。
初心者の方でも、安心してどうぞ。

何回も登場でき、佐々木慧さんのワンポイントレッスンあり!

又、楽器も歌もしないけれど、皆と楽しみたい方も是非遊びに来て下さい。

8月29日(金)ライブ予定 : 武田 謙治(ギター) & 矢野 伸行(ベース)

武田

8月29日(金)は武田謙治さんのギターと矢野伸行さんのベースでライブが行われます。

20時から2ステージ。
チャージ2200円。

武田さんは、10年くらい前までは頻繁にライブ活動を行い、コンテストで各種の賞をとられていた方ですが、事情によりライブを中止、この夏から本格的にジャズシーンに復帰された方です。

昔の自分は「唄伴奏なんてやってられない!」と、思っていたそうですが、この中断で、より音楽を巨視できるようになったそうです。音楽性は「パット・マルティーノ」に強く影響を受けた方です。

是非、このカムバックを祝ってお越しになりませんか?矢野さんのベースワークも楽しみです!

8月22日(金): 浅利 史花 & 豊島 嶺奈 ライブレポート

史花 005

8月22日(金)は浅利史花さんのギターと豊島嶺奈さんのベースという、女子大生デュオで初のライブが行われました。

「あさりふみか」さんと、「とよしまれいな」さんとお読みします。二人とも、楽器をやり出してから5~6年だそうですが、演奏テクニックは大したものです。

お二人とも素直で可愛くて、おじさんたちのハートをわし掴みにしたようです。大入り満員に加え菅野義孝さんが飛び入りして下さる一幕もありで、楽しい夜でした。二十歳くらいの女性にこのような演奏が出来るのは脅威ですね。再演をまたして頂きますので、どうぞお楽しみに!

8月19日(火): 猪子 恵 & 大塚 雄一 & 遠藤 定 ライブレポート

猪子恵

8月19日(火)は 猪子恵さんのヴァイオリン、大塚雄一さんのアコーディオン、遠藤定さんのベースでライブが行われました。

猪子さんは、クラシックをみっちりやられた方です。と、同時にジャズを演奏したくてクラシックと並行して徳島を拠点に活躍されています。

大塚さんのアコーディオンが入ると不思議にヨーロピアンテイストになります。アンコールの「スペイン」は素晴らしかったです。この曲では、若手ベーシストの遠藤さんがきらめくような才能を聞かせて下さいました。こういうジャズも楽しいですよ!

朝帰りなのに、気分が爽快!

朝陽 004

マスターとママの久しぶりの朝帰り~~!で、マンションから見たあまりにも美しい光景。

東の空がしらじらと少し赤みをおびて来た様子、そこに映し出される夜が明ける前の、地上の薄暗い中で点在する家の明かり、そして対照的に西の空の暗さは何とも神秘的!こんな美しい一瞬の空が毎日見られるんですね。

ちょっと感激、丁度デジカメを持っていたので、ママはシャッターを押していました。
暫くマスターと2人で東の空を眺め・・・う~んロマンティック!なんてね。ナイナイ。

BLUES SONATA / CHARLIE BYRD

チャーリー

今でこそ、アコースティックギターをジャズで使うギタリストは多いですが、チャーリー・バードはガットギターを本格的にジャズに持ち込んだパイオニアと言えるでしょう。

ルーツはクリスチャン、ジャンゴで、クラシックギターの大家のセゴビアの弟子で、ゲッツとのジャズサンバのアルバムで、一躍有名になりました。バードに影響されたギタリストを殆ど聞かないのも、彼の多彩なスタイルでしょうね。また後期に安直なボサノヴァアルバムをたくさん吹き込んだことなどが挙げられると思います。

ほとんど、ウェスと同世代ですが、後輩のジョーパスや、ジム・ホールに比べると、キワモノ扱いされているのが残念です。音楽的には、このアルバムが彼の最高傑作です。ジャケットも秀逸!

8月16日(土):佐々木 慧 & 出口 優日 ライブレポート

慧 006

8月16日(土)は佐々木慧 さんのギターに出口優日さんのヴォーカルでライブが行われました。

出口優日さんは、現在、最も注目の若手シンガーの一人です。
今回、初CD発売記念ライブでしたが、いつものスイングナンバーに加え、おなじみのスタンダードも歌ってくれました。歌唱力は折紙つきです。

慧さんもいつにも増してスイングしていましたね。

お盆休みの中、来てくださったお客様、ありがとうございました!

8月22日(金)初!女子大生デュオ 応援ライブ 浅利 史花 (ギター) & 豊島 嶺奈(ベース)

浅利

8月22日(金): 浅利 史花(ギター) & 豊島 嶺奈(ベース)の 初!女子大生デュオ 応援ライブです。

女性プレイヤーのジャズメンといえば、ヴォーカルとピアノと殆ど決まっていました。それが最近では、サックスなどのホーン楽器をやられる方も増えてきました。ギタリストは殆どいないと思います。

浅利さんは、本格的なジャズギタリストになる才能を持っている都内の私大に通われている女子大生です。豊島さんも、本格的にベースを学んでいる大学院生です。若い才能がどんどん出て来るのは楽しみですね!キュートなルックスとアンバランスな本格派ジャズをお楽しみください!