月別アーカイブ: 2014年7月

音楽を聴く会 : 8月7日(木)

8月7日(木)午後7時~
テーマ : 「太陽」
会 費 : なし
お食事の用意あります。

この日だけはノンジャンルですので、クラッシック! ロック! ポップス! 歌謡曲!
懐メロ! を最高音響機器「JBL」で鳴らしてみませんか?
思いも寄らない素晴らしい音楽が聴けて楽しいですよ~。

当店は初めてというお客様!
聴くだけでも楽しいので、ぜひ一度のぞいて見てください。
お待ち申し上げております。

8月6日(水)ライブ予定 : 菅野 義孝(ギター)& 粟谷 巧(ベース)& 柳沼 佑育 (ドラム)

菅野&粟谷

8月6日(水)は菅野義孝さんのギター& 粟谷巧さんのベース& 柳沼佑育さんのドラムで
ライブが行われます。

菅野さんのギターは熱いアドリブが特徴です。ミュージシャンには色々なタイプがあります。新しいものにチャレンジしてく方もいれば、菅野さんのように一つの曲をじっくり掘り下げていく方もいます。今までのアルバム4枚を聴いていると、明らかに進化し続けているのが分かります。

そして菅野さんのビートにぴったりのベースが粟谷さんです。そのポール・チェンバースライクなベースラインは、日本人にはあまり存在しない凄腕のベーシストです。

今回は、菅野さん、一押しのドラマー、柳沼さんが入ってのギタートリオでお届け致します!乞うご期待。

FEELIN THE SPIRIT / GRANT GREEN

グラント

60年代に活躍したギタリスト、と言えばウェス、バレル、グリーンです。実は私もグラント・グリーン大好きなのですが、客観的にみると、バレルのほうがテクニックは上だし、スケールの点では遠くウェスには及んでいませんね。

でも、この人には独特の個性があります。誰かがグリーンを「ジャズも弾けるブルースギタリスト」と、評していました。中でもこのアルバムはゴスペルフィーリング溢れるグリーンの最高傑作だと思います。サックスに例えると、ウェスがコルトレーンで、グリーンはハンク・モブレィかな?

案外、後期のジャズファンクに影響を受けたギタリストって多いんじゃないかな~?

7月25日(金): 佐々木  慧 & 門馬 瑠依 ライブレポート

佐々木慧
7月25日(金)は 佐々木 慧さんのギターに門馬瑠依さんのヴォーカルでライブが行われました。

ジャズスタンダード中心のプログラムでした。佐々木慧さんのギターは、いつにも増してスイングしていました。門馬瑠依さんの歌声は、透き通るような声質で白人の歌手を思わせます。

ボーカルも、エラやサラを好きな人もあれば、クリス・コナーなどの白人系を好む方もいます。どちらも素晴らしいのですが、楽器より好のみが分かれるのがボーカルの難しいところでもあります。「マイフーリシュハート」は瑠依さんの声にぴったりの名唱でした!

8月2日(土)ライブ予定 : モンゴメリーランド バンド

モンゴメリーランドバンド
8月2日(土)はモンゴメリーランド バンドが久々に登場!

日々忙しい中、メンバーは貴重な時間を作って、練習を重ねてきました(写真はその練習風景)。

メンバー紹介 : リーダー澤岡直樹さん(ギター)、楠薫さん(サックス、フルート)安達隼さん(ベース)桐竹正和さん(ギター)で、その成果を一気に爆発。

暑い日々が続きますが、それに負けず熱い演奏が繰り広げられますので、ご期待ください!

8月1日 (金)スペシャルライブ! : 古野 光昭 (ベース)& 井上 智 (ギター)

井上 古野
8月1日(金) スペシャルライブです!
古野光昭さんのベースと 井上智さんのギターで行われます。

19時半から2ステージ。
チャージ3200円。
☆この日は学生の方は学割で500円引きといたします。
お食事も召し上がれます。

古野さんのベースを初めて生で聞いたときに鳥肌が立ちました。超絶技巧、静から動へのコントラスト、もう40年以上ジャズベースの最高峰に君臨してます。コンサートに、渡辺香津美さんと山下洋輔さんが出られるのは古野さんならではです。また、渡辺貞夫さん、フイル・ウッヅなどと共演してきました。

一方、井上智さんも私が惚れ込んでいるギタリストです。変幻自在なアドリブと、いつでもユーモアを感じさせてくれる凄いギタリストです。井上さんは、ジム・ホール、ロン・カーターなどの共演で知られています。
まさに松岡修三さん流に言えば、世界を知っている二人です。

この日だけの夏休み特別ライブです。楽器をやられる方、もしくはプロの方もスケジュールが空いてれば是非お越しください。  これが、日本ジャズメンの実力です!

7月31日(木)ライブ予定 : 深澤 友梨恵 (ヴォーカル)& 須古 典明 (ギター)

深澤

7月31日(木)は深澤友梨恵さんのヴォーカル & 須古典明さんのギターでライブが行われます。

深澤さんは、今、売りだし中の若手シンガーですが、今年のブルーノートコンペに見事に入賞いたしました。堂々たる歌いっぷりは相当のベテランかと思ってしまいます。各地のライブで引っ張りだこなのが分かります。

この日は、いぶし銀ギタリスト須古憲明さんと組んで出られます。ジョー・パスとエラのような感じでしょうか?実は、ナマギター一本で歌うのは歌唱力を試される機会でもあります。須古さんの歌伴奏は名人芸です。ぜひお越しをお待ちしております!

「銀座のこうじの物語」 : 服部こうじ

服部

このCDはお客様から「聞いてみて!」と言われて預かりました。服部こうじさんです。存じ上げませんでしたが、ギターを服部さん、ピアノが日本音楽界の大御所、前田憲男さん、ベースを荒川康男さんが勤めています。

ライナーの中で前田さんは「自分の音を持っている数少ない類まれなミュージシャンで私の演奏の中でも最上位にあげられる」と、激賞しています。

後日、お客様と服部さんにお会いすることができました。服部さんは、生まれつき、目が不自由で自分の名刺に「楽譜のいらないギタリスト」と書かれていました。目が不自由でも優れたミュージシャンはいます。アート・テイタム、ジョージ・シアリング、レイ・チャールズ、スティービー・ワンダーなどです。

健常者に比べてそれは大変な苦労をしたのは間違いありません。服部さんは、陽気で前向きに音楽を語ってくれて、大変好感を持ちました。このCDもジャズスタンダードを素晴らしい演奏でしています。

長谷川清さんは、筑波盲学校の先輩だそうです。近いうちに出ていただく予定です!

7月18日(金): 北條 達子 & 須古 典明 ライブレポート

北條達子

7月18日(金)は北條達子さんのフルートと須古典明さんのギターでライブが行われました。

この日は、ボサノヴァの曲を多くやって頂きました。アントニオ・カルロス・ジョビンに代表されるボサノヴァの名曲は聞いていてぐっとくるものがあります。陽気でいて、ちょっと寂しげで・・・本国では、ほとんど懐メロみたいになっているそうです。

北條達子さんのフルートは、音量豊かで、表現力が素晴らしい!また、これを支える須古さんは本当に上手い!職人肌のギタリストです。あとで、北條さんに聞いたら、案の上、凄く演奏しやすかったそうです。フルートと生ギターのボサでお客様にも涼しさを感じ取って頂けたようです。

次回は9月19日(金)です。お楽しみに!

7月25日(金)ライブ予定 : 佐々木  慧 (ギター) & 門馬 瑠依 (ヴォーカル)

慧

7月25日(金)は 佐々木 慧さんのギター & 門馬瑠依さんのヴォーカルでライブが行われます。

歌姫、門馬瑠依さんの声は透き通った声で皆さんを魅了し、その唄伴奏をしてくれるのは勿論、7弦ギターの佐々木慧さんです。とにかく 素晴らしいですよ!

是非この機会に聴きにいらしてください。