月別アーカイブ: 2013年8月

9月6日(金)ライブ予定 : 小泉清人(ギター)&菅野義孝(ギター)

9月6日は、小泉さんと、菅野さんのジャズギターデュオです。この二人は何度も共演してるのかと思いきや、初共演です。二人ともコンテンポラリーではなく、ジャズギターの伝統を守った演奏スタイルです。是非、二人の名手の織りなすジャズギターの素晴らしき世界をお楽しみに!

レーサー浮谷東次郎

浮谷

唐突ですが、「浮谷東次郎」をご存知ですか?
先日、図書館で懐かしい本に出会いました。東次郎は日本のモータースポーツ黎明期に忽然と現れ、わずか23歳で鈴鹿サーキットで練習走行中にコースに人が出てきたのを避けようとして激突死してしまいました。裕福な家庭に生まれエリートコースに乗るのを潔しとせず、アメリカに渡り、帰国後トヨタのレーサーに成りました。

船橋のクラブマンレースでは、レース序盤にクラッシュし、最下位から生澤徹さんのホンダS600を捉え、大逆転優勝を果たし伝説のレーサーに成りました。

著書に「がむしゃら1500キロ」「俺様の宝石さ」などがあります。その、何事にも接客的な性格から「ダイナミックトージロー」と呼ばれていました。
亡くなったのは1965年です。

ジャズも好きだったらしいです。こんなに凄い日本人が居たことを覚えていて欲しいと思います。その暖かい性格、生き方はジャズだと、クリフォード・ブラウンを連想してしまいます。ブラウンは25歳で亡くなりました。こういう人生を凝縮して、生きた人を見ると考えてしまいます。

youtyubeでも、東次郎をみれますよ、興味ある方は是非検索してみて下さい!

8月23日(金) : 小久保徳道&横山千晶&澤田将弘 ライブレポート

小久保 002

小久保徳道さんのギター、横山千晶さんのバイオリンのユニット「ミルヴェゼ」に澤田将弘さんのベースが加わり熱い演奏を繰り広げて下さいました。彼ら、若手の演奏はこれからのジャズを強く示唆しています。何より、聴いてて楽しい!フレンチあり、ブラジル物あり、いつかブレークすると思います!当店では強く応援していきます。次回は9月20日です。是非、お越し下さい。きっと、気に入ると思いますよ~!

8月30日(金)ライブ予定 : 三宅伊智朗(ギター)&釘宮正豪(ギター)

 

8月30日(金)は、ベテランギタリスト三宅さんと、中堅ギタリストの釘宮さんと組んで出られます。三宅さんは、私と同じくウェス・モンゴメリーに魅せられた方です。釘宮さんは、ケニー・バレルタイプの端正な演奏スタイルです。是非、ジャズギターの面白さを味わって下さい!

 8月22日(木) : 佐々木慧&門馬瑠依 ライブレポート 

慧&瑠依

佐々木慧さんのギターと、門馬瑠依さんのヴォーカルのライブが行われました。慧さんは、若手には珍しく、バッキー・ピザレリをアイドルにしているギタリストです。コンテンポラリーギタリストが多い中、そのスタイルは貴重です。瑠依さんは、当店に初登場!歌唱力抜群で、おしゃべりも楽しく、また挨拶もきちんと出来る方ですっかりファンになってしまいました!

不思議な植物?

SN3F0037

道端(正確には農家宅と道路の境の網)で見つけた何ともカワイイ植物!
これは雑草なのでしょうか?それともちゃんとした名前がある植物なのでしょうか?
一応農作業をされていた方に伺ったのですが、答えは「わからないな~」でした。
誰かご存知ですか?

蔓状のところに、きれいな緑色の丁度折り紙でおった風船の用な、膨らんでいる物が
沢山ぶら下がっています。ちょっと触ってみたら、なんとパンパンに空気が入っている感じ。
しばし面白くて、その前で触りながら見ていたら、子供が??顔で通り過ぎるので、
「えへへっ」と笑ってごまかし、駅へと向かったママでした。

 

8月23日(金)ライブ予定 : 小久保徳道(ギター)&横山千晶(ヴォーカル)&澤田将弘(ベース)

8月23日(金)ライブのお知らせ!小久保徳道(ギター)、横山千晶(バイオリン)、澤田将弘(ベース)。「mille baisers」の登場です。通常のジャズと、一味違ったユニットです。ギターとバイオリンの織りなす素晴らしい音楽ですよ!フレンチ、ブラジリアンあり、お薦めです!

8月22日(木)ライブ予定 : 佐々木慧(ギター)&門馬瑠依(ヴォーカル)

7弦ギターの名手 佐々木慧さんと、若手歌姫 門馬瑠依さんのライブが
行われます。どんな歌声を聴かせてくれるでしょうか、楽しみです。
是非聴きにいらしてください。お待ちしております。

8月16日(金) : 安ヵ川大樹&土井徳浩 ライブレポート

安カ川

安ヵ川大樹さんのベースと、土井徳浩さんのクラリネットのライブが行われました。前回に引き続きこのコンビでは2回目の出演です。土井さんのクラリネットはモダンそのもので、この楽器の音をすべて引き出す演奏でした。安ヵ川さんのベースは、いつ聴いても安定していて、さすがトップベーシスト!この日は、PAを使わず完全、生音でした。楽器の生音はさすがに、オーディオでは無理です!