カテゴリー別アーカイブ: オーディオ

JBLの輸入元:ハーマンインターナショナルのサイト「JBLが聴ける店」にアップされました!

池袋「モンゴメリーランド」がJBLの輸入元:ハーマンインターナショナルのサイト「JBLが聴けるお店」にアップされました!

「JBLが聴けるお店」 http://www.axiss.co.jp/

ぜひ、ご覧ください!

いまどき : アナログ

アナログ

当店のアナログ再生の様子。
プレイヤーは、イギリスROKSAN:ラディウスⅢというモデルで、アーム:銘機SME309が付いてます。カートリッジ:SYUREのV15 & SUMIKO & デノンの103と使い分けています。

レコードは言わずと知れた「ハーフノートのウェス・モンゴメリー&ウイントン・ケリートリオ」のオリジナル盤です。

こういうアームはユニバーサルタイプでカートリッジ交換が可能ですが、市販されている廉価プレイヤーでは交換できないものが多いようです。

マニアになると、カートリッジだけで30万とか平気でするのがアナログの恐ろしいところ。ちなみに、我が国のオーディオ評論家第一人者である菅野沖彦さんは、オーディオで積極的に自分好みの音を出す人を「レコード演奏家」と呼んでいます!

ご興味のある方、持ち込み大歓迎ですので(ジャズ以外でも可)アナログを聞いてみませんか?
いつもと違う音が聴こえるかも~!!ちなみに一円玉が写っていますが、ずぼらではありません。針圧が軽くてひずみそうなときにカートリッジの上に載せてみるのは昔の常識でした。(一円玉は1グラムのため針圧がちょうど1グラム重くなります)

TUBEアンプ

アンプ1 アンプ2

 手作りのTUBEアンプ。

見た通りサイズは大きめ、重量もかなりずっしりめのこのアンプは、往年の名機、フェンダーのツインリバーブ、デラックスリバーブ。
しかし程度の良いのがないため、お客様が手作りした、真空管アンプです。

使ってみて欲しいとのことでうちに置いてあります。スタンデールなどと違って、ALTECの38㎝が使われています。リバーブなどはありませんが、チューブ独特の暖かい音で、フルアコにはぴったり!

是非、プロの方の使ってみた感想を聞いてみたいです! しかし、見てみるとうちのアンプは借り物ばかりですね・・・。

オーディオ機器一覧

スピーカー

スピーカー

当店にて使用しているJBL4344mk2です。4344を大幅に改造したモデルで、ウーファーはME150hs、ミッドバス2123h、ミッドハイ275ND、ホーンツィツター2405Hの4ウェイです。JBLとしては、ワイドレンジを狙ったもので、設計が古いといわれながら、これでなければ!という方もたくさんいらっしゃいます。SPの上に見えるのはスーパーツイッターJBL405です。

アナログプレーヤー

アナログプレーヤー

こちらがROKSANラディウスⅢです。アームはSMEの傑作3009IMPが付いてます。普通はロクサンのアームが付いているので、珍しいと思います。ロクサンはザクシーズという高級機が有名です。イギリスはリンをはじめとして、アナログプレイヤーをたくさん今でも製造しています。国産はデノン以外は撤退してしまいました。こんなところにも文化の差を感じます。写真のカートリッジはSYUREのV15タイプVxMRです。これも製造中止になってしまいました。

パワーアンプ

アンプ

そしてパワーアンプはマッキントッシュMC402です。400W+400Wの出力で、現行品ですが次は450Wの新製品に変わります。マッキンのパワーアンプの特徴は、トランジスターでも出力トランスを積んでいるところです。トラブルはほぼ皆無!音も、力感みなぎり多少、濃厚なところでしょう。JBLにマッキンとは定番と言えると思います。

プリアンプ

プリアンプ

 

そして最後にマッキントッシュのC42プリアンプです。それまではC40を使っていました。音はマッキン特有の中域の厚い音です。8バンドイコライザーが付いていますので微調整が可能です。C40に比べ、明らかにSNが良く成りました。

オーディオについて

音楽の友社から刊行されている月刊「STEREO」2010年12月号(11月19日発売)の「いい音、いい場所、いいお店」のコーナーに掲載されました。

お店では、良くお客様にアナログをリクエストを受けます。ただ面倒なのは、針飛びなどです。

この前、若いお客様に次の曲を掛けるにはどうすれば良いんですか?と、聞かれたことがあります。オーディオに興味がなければ、レコードなど見たことはありませんよね!

この分だと、カセットテープも死語になるでしょう・・しかし、膨大なMDはどうすれば良いでしょうか・・・

某社には、エルカセットでだまされましたからね~。(カセットのお化けのようで、オープンリール並みの音質との触れ込みでした。すぐに市場から無くなりました。)DATも高いのに買ったのに・・・MDウオークマンも録音出来る最高のものを買いました。トホホ、テープってまだ売っているんですかね?

今、欲しいのは高音質のICレコーダーですが、もうちょっと様子を見てからにします・・・

USB DAC

USB DAC

2012年4月6日インプレス発行。5,985円。
オリジナルDACキット付属


インプレスジャパン社より、4月6日に5,985円で販売されました。

書店で購入できます。PCの音質は良くないと思っている方も多いでしょう。この製品は、USBにこのDACを差し込み音質を改善するというものです。面倒くさい半田付けは不要です。

PCで音楽を楽しまれる方もたくさんいらっしゃいますが、明らかに音質が良くなりました。アップグレードも可能で、ケースも別売で山本音響製も用意されています。(オーディオ好きには堪りませんね!)

ちょっとでも、良い音質で聴きたい、ヘッドフォンでも可能な優れモノです!!